猫の抜け毛の時期と対策のこと

あなたの猫ちゃん、毛の抜け方はどんな感じですか?

抜け毛の時期ってどんな感じですか?

どんなふうにお手入れしていますか?

地味な問題なのですが、結構重要なのがこの『毛問題』!!(笑)

実際私を含めて飼っていらっしゃるあなたに調べてみましたので是非ご覧ください!!

マメ知識なんかもすこ~し書いていきます!

それでは見ていきましょう☆

ねこの毛の抜ける時期

一般的に猫の毛の抜ける時期を『換毛期』といいます。

その換毛期は2回あって、春(3~4月)秋(10~11月)

春の時期は、これから暑くなって夏への準備の為に、やや太めの体や皮膚を守りやすい毛に生え換わります。

秋の時期は、寒い冬に向けてフワフワで体に温かい空気を取り込みやすくする為に生え換わるんです。

要は衣替えみたいなものですね^^

でもそもそも猫って2種類の毛の生え方があるんだってよ・・・

え?・・・えええええ!!!

(笑)

ということで、2パターンの毛の構造についても調べてみました^^

①ダブルコート

日本にいる雑種ちゃんをはじめとする、ほとんどの猫ちゃんは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)で構成されたダブルコートの毛なんです。

上毛(オーバーコート)の特徴と役割

やや太めで長いのが特徴です。

身体や皮膚を守る事が主な役割とされています。

下毛(アンダーコート)の特徴と役割

細くて短い。フワフワとしているのが特徴です。

フワフワの毛は暖かい空気を取り込みやすく保温性に優れている為、換毛期にはこのアンダーコートの量を調整をすることで暑さや寒さの対策をしているんです。

シングルコート

タイ原産のシャム猫やアメリカ原産のメイクーンもシングルコートちゃんなんですね~

シングルコートの特徴

前述のダブルコートのオーバーコートってありましたよね?

そのオーバーコートのみの毛の構造がシングルコートなんです。

アンダーコートが無い分、ダブルコートに比べて抜け毛が少ないことが特徴です。

といっても毛は抜けるわけですよね。どんな猫ちゃんも!

というわけで、つづいて抜け毛のお手入れの仕方をご紹介していきまっしょう!!

お手入れの仕方

主に私の愛猫・小春ちゃんには

◎ブラッシング

◎ゴム手袋

を使ってお手入れしています☆

◎ブラッシングについて

基本的に1日1~2回ブラッシングをしています!

非常に小春さんはワガママ姫なので一瞬で逃げてしまう時もあるのですが、1回くらいブラシで撫でるだけで結構毛は取れちゃいます!

ゴム手袋の便利な使い方について

これは猫を飼う前からカーペットのほこり取りでやってた技なんですが、トイレや排水溝の掃除なんかで使われることが多い厚手のゴム手袋で身体をナデナデ、スリスリしたカーペットをナデナデすると・・・!

ごっそり抜け毛が取れちゃいます!

いぼいぼが付いたものが特にお勧めです!(笑)

猫ちゃんに直接ナデナデするときは、くれぐれも優しく首や肩から尻尾にかけてナデナデしてあげるといいですよ☆

いぼいぼがついているとマッサージにもなるみたいで、小春には好評です^^

カーペットにも使えて、繊維の奥に入った細かい毛も取れてしまうんです!

是非一度試してみてくださいね☆

ちなみに、ご家庭でよく使われているコロコロも猫ちゃんに直接コロコロしてあげても喜ぶ子もいるみたいです!

あなたの猫ちゃんに合ったものを探してあげてくださいね。

マメ知識

完全室内飼育の猫ちゃん(全く外に出ない猫ちゃん)は換毛期はほぼ関係なく(!)

1年中毛が生え換わります。(!!)

この期に及んで何を言っているんだい!!って感じですよね。

そうなんです。私も知った時そう思いました(笑)

というのも、完全室内飼育の猫ちゃんの居る環境は室内の温度は適切に保たれていることが多いので季節ごとに換える必要はないんです。

さすが、適応能力が高いと言われるだけのことはありますね!

いかがでしたか?

私の実体験も元に書いて見たので、是非参考にしてくださると嬉しいです☆

それでは本日はこの辺で☆

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク