猫の肉球とお手入れ方法

猫の肉球って、触るとプニプニしていてとっても癒されますよね^^

触られて嫌がる猫ちゃんが大半のようにも思いますが(笑)

本日はそんな猫ちゃんの肉球について詳しく見ていきましょう!

【猫の肉球の構造】

肉球と一口にいっても実は細かく名称が付いているんです!

前足、後ろ足で名前が違ったりするので是非この機会に覚えてみてくださいね☆

前足

●掌球(しょうきゅう)

 人間の手でいうと掌(手の平)にあたる

●指球(しきゅう)

 指の根元にある小さな5つの肉球

●手根球(しゅこんきゅう)

 前足のみにある肉球

●狼爪(ろうそう)

 人間の手でいうと親指にあたる。基本的に前足のみにある。

後ろ足

●足低球(そくていきゅう)

 後ろ足の一番大きな肉球のこと

●趾球(しきゅう)

 後ろ足の指にある小さな5つの肉球

思った以上にたくさん分類があることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

続いては、肉球のトラブルについてご紹介しますっ!

【肉球のトラブル】

肉球も人間の指や皮膚のように怪我もしますし、乾燥でガサガサ・・・なんてこともあるんです。

神経がたくさん張り巡らされていて、とっても敏感!

人間の指だって少し切ったりしてしまうだけで痛みで「うっ・・・!」ってなりますよね?

それは猫ちゃんも同じなんです^^

長々言ってしまいましたが、肉球のトラブルについて見ていきましょう!!

主な肉球トラブル

●擦り傷、切り傷

 いろいろな場所をあるいていると思わぬところで擦り傷や切り傷ができてしまうこともあります。

 出血や腫れ、またはずっと舐めていたりする時はお医者さんへの受診を!

●乾燥

 肉球は乾燥にも弱いんです。

 人間のようにカサカサになったり、酷い時はぱっくりと割れてしまうこともあります。

●火傷

 肉球の熱を感じる部分は奥の方にあるので、猫ちゃん自身が気付いた時には既に火傷を負っているということもすくなくありません。

 二次感染や化膿してしまう時もありますので、お早めに病院で手当てをしてあげてくださいね!

●肉球炎

 肉球炎とは、むくみや腫れが化膿、潰瘍となって進行していくものです。

 症状の軽減の為、外科手術で治療することもあるようです。

 少しでも異変が見つかったら、念の為にも病院での診察をオススメします。

●他にも

 貧血時には、肉球の色が薄くなったり冷えたりすることがありますし、発熱時には肉球が熱くなったりするんです!

 猫ちゃんの体調のバロメータの様な役割を果たしていると言ってもいいでしょう。

 ちょっと体調が期になった時は、肉球も調べてあげると原因が分かるかもしれませんね!

続いては、大事な肉球のお手入れについてご紹介します!

肉球のお手入れ

先述したバロメータ的役割を果たしている肉球ですが、やっぱりお手入れは大切です!

といっても触らせてくれない猫ちゃんも結構いますよね?

そういう時はまず、リラックスさせて肉球を触ること=気持ちいいと印象付けてあげるところからスタートしてみてください^^

そのステップをクリアされてから、下記のお手入れ方法をお試しくださいっ

それでは見ていきましょう!

お手入れ方法① マッサージ

 親指で優しく押してあげてください。

 マッサージをすることで触られることに、より慣れてくれるので爪切りもしやすくなるというメリットもあります^^

お手入れ方法② 保湿

 肉球専用の保湿クリームがあるのを知っていましたか?

 成分は猫ちゃんが舐めてしまっても大丈夫なものが多いので比較的安心して使えます。

 それでもクリームとかってあんまり・・・という方は、オリーブオイルを数滴でも保湿クリームの代用品として使えるようなのでお試しください!

くれぐれも、猫ちゃんが嫌がったらマッサージは止めてあげてくださいね^^

あなたと猫ちゃんのペースで、少しずつお手入れを進めていってください☆

いかがでしたか?

肉球ひとつとってもなかなか奥が深いと思いませんか?(笑)

いつまでもピチピチの肉球を維持してあげてくださいね!

それでは今回はこのへんで!

最後までお読みいただきありがとうございました~☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク